「全体矯正と部分矯正どっちがいいの?」最適な歯列矯正に向けたサイト

>

歯列矯正をやってみたいけど不安…正しい知識で最高の歯並びを

この記事をシェアする

安くて負担も少ない?部分矯正のメリット

「そんなに歯並びが悪いわけじゃないと思うけど、ちょっと前歯を整えたい」というような場合は、部分矯正で治せるかもしれません。
部分矯正とは、気になる歯の周辺にのみ矯正装置をつけて歯列を整える矯正方法で、全体を矯正する場合と比べて負担が少ないのが特徴です。

歯を数本しか動かさない分痛みが少なく、装置をつける範囲も狭いため食事や会話への影響も最低限で済むとのことです。
また、大きな歯の移動がないため、矯正期間が短くなる傾向にあります。

費用が抑えられるのも特徴で、一般的な表側につける矯正装置で全体矯正をした場合は50万から100万円程度かかるのに対し、部分矯正では10万から50万円程度でできることが多いようです。
金額は施術する病院や装置の種類などで変わってきますが、部分矯正の方が圧倒的に安いのが分かりますね。

注意!部分矯正のデメリット

メリットも多い部分矯正ですが、気を付けないといけないこともあります。

まず、歯並びによっては適用できない場合があるということです。
「ちょっと前歯をひっこめるだけ」のつもりでも、出ている前歯をひっこめるスペースがない場合など、そもそも歯全体を動かさないと矯正が不可能なことがあります。

部分矯正が適用できたとしても、やはり仕上がりの点では全体矯正に劣ります。
芸能人のように完璧な歯並びを求めるなら、部分矯正では力不足なこともあるかもしれません。

また、噛み合わせの修正にも向いておらず、「健康を考えて最適な噛み合わせにしたい」という場合には難しいようです。

これらのデメリットを専門医と相談の上で、自分の歯が部分矯正でどこまで動くのかシュミレーションしておくことが大切です。