歯科矯正、部分矯正と全体矯正どちらを選ぶべきか

「全体矯正と部分矯正どっちがいいの?」最適な歯列矯正に向けたサイト

おすすめリンク

気になるところだけ矯正する「部分矯正」

歯列矯正が必要な日本人は8割もいると言われています。
日本人は顎が小さく歯が大きい傾向にあり、それによって歯並びに問題を抱えてしまいやすいそうです。
口元を美しくする歯列矯正がひとつのステイタスである欧米に対して、日本では歯列矯正はまだそこまで広まっていないため、「歯並びをよくしたい」と思いながらも歯列矯正に踏み出せずにいる人は多いと思います。

しかし、歯列矯正をすると歯がそろうのはもちろん、口元のフォルムや横顔のラインまで整うこともあり、コンプレックスの解消にかなり効果を発揮します。
また、歯並びが悪いと歯磨きのしづらさや噛み合わせ異常によって健康に悪影響を与える場合もあるため、「まあいいや」では済まないこともあるのです。

一度きりの人生、一刻も早くとびっきりの笑顔と健康を手に入れたいもの。
一方で、歯列矯正には「痛みがある」「矯正費用が高い」「期間が長い」などの悩みもつきものです。

そんな悩みを軽減できる矯正方法として、「部分矯正」があります。
「部分矯正」は気になる歯だけを矯正するもので、歯列全体を矯正する「全体矯正」に比べて費用を抑えることができ、痛みや矯正期間も少ないケースが多く、魅力的な方法といえます。
とはいえ、「部分矯正」は全ての症例に対応できるわけではないため、歯並びによっては「全体矯正」でないと期待した効果が得られないことも。

時間もお金もかかる歯列矯正、「こんなはずじゃなかった!」という事態にならないために「全体矯正」と「部分矯正」についてまとめましたので、参考にしていただけたら幸いです。